top of page

相手と自分のイメージを合わせる事がポイントです。



自分の思いが相手に伝わらない。

自分のことを周りはわかってくれない。


そう感じている方には

VSアカデミーの試験講義

「具体的なカタチで思いを伝える」

がおススメです。


なぜなら、この試験講義を学ぶと

自分が思うことを具体的なカタチで

伝えられるようになり


周りの思いと自分の思いを

合わせることができるので

いい関係を作れるようになるからです。


VSアカデミーの

「具体的なカタチで思いを伝える」

試験講義では、経験も生きてきた環境も

それぞれ違うのですから

想像するものも違う。


だからこそ、

自分が思うイメージを具体的に伝え、

相手のイメージと合わせることが

大事であることを学びます。


当たり前のことのようですが、

このことがわからず、


以前の私は周りの人と

気持ちのすれ違いを

たくさん起こしていました。


自分が思っている「赤色」

と相手が思っている「赤色」。

「赤色」といってもみな想像する色は違います。

ある人はりんごの赤。ある人は炎の赤。


それなのに私が「赤色」と言えば

相手にも同じ赤色のイメージが伝わるはず!

そう思い、相手が全然違うことを言うと


「この人には私の言葉が伝わらない」

と勝手に傷ついたり

「私のこと全然わかっていない」

と怒りを感じることがありました。


ですが具体的なカタチで思いを

伝えられるようになると

このようなすれ違いがなくなり、

気持ちを合わせられるようになるので


周りの人たちといい関係が

作れるようになり、生きやすくなります。


自分のことを周りが

わかってくれないと思っている方には


「具体的なカタチで思いを伝える」

試験講義を学ぶことをおススメします。


具体的なカタチで思いを伝えることで

周りの思いと自分の思いを

合わせることができるので


気持ちのすれ違いがなくなり、

周りの人たちとよりよい関係が

作れるようになりますよ。



著:PR講師柳井 佐東子

******************

VSアカデミーのコミュニケーション講座に

ご興味ございましたらお気軽に

メッセージ下さいませ。

あなたに最適な認定講師をご紹介致します。


☆あなたの本当の力量がわかる!

 人間力診断も無料診断中です。


☆色であなたと恋人や家族との関わり方が

 スッキリわかるカラー相性診断も開催中です。


VSアカデミー(言葉のソムリエ)

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page